白髪染めTOP > 種類

白髪染めは4種類ある

白髪染めにはさまざまな種類がありますが、大きく分けるとヘアカラーヘアマニキュアブリーチ一時染めに分類できます。

最近では、美容院で染めるよりコストや時間の負担が少ないため、自宅での白髪染めに大変注目が集まっています。

家庭用白髪染めはそれぞれ色持ちや染まり具合に差があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

ここでは白髪染めの主な種類について説明します。

ヘアカラー

ヘアカラーは酸化染料とアルカリ剤を含んだ1剤と、過酸化水素水の2剤を混ぜて作る白髪染めです。

毛髪にしっかり色をつけるため、まず髪のキューティクルを開き、髪の内部のメラニン色素を脱色してから染めるため、色持ちがいいところが特徴です。

その反面、髪や頭皮へのダメージが大きく、繰り返し使うと枝毛や切れ毛、抜け毛などのトラブルのもとになります。

1回の白髪染めで2~3ヶ月持続するので、一度でしっかり白髪を染めたい方におすすめです。

ただし、市販の白髪染めはアレルギー反応を起こすパラフェニレンジアミン(PPD)が配合されているため、アレルギー体質や敏感肌の方は注意しましょう。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、酸性染料を髪の表面にあるタンパク質に結合させることで染毛する白髪染めです。

キューティクルを傷つけることなく染められるため、毛髪や頭皮への影響が少なく、体に負担がかからないところが特徴です。

ただ、シャンプーのたびに色落ちするため、2~3週間程度しか色持ちしません。

ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングしてツヤのある髪に仕上げてくれるので、ダメージヘアが気になる方におすすめです。

ブリーチ

ブリーチは、髪のメラニン色素を脱色することで髪色を明るくするヘアカラーの一種です。

髪の色を脱色するため、明るめの茶色から、金色、白色へと変化していきます。

色落ちの心配はありませんが、短期間でブリーチを行うと、毛髪のタンパク質が破壊されて潤いが保てなくなり、パサパサした髪になります。

数あるヘアカラーの中でも一番ダメージが大きいタイプなので、放置時間を長めにとったり、短期間での乱用は避けた方が無難です。

一時染め

一時染めは、気になる髪の表面だけに色をつける白髪染めです。

その名の通り、一時的に色を塗るだけなので、毛髪や頭皮への影響はほとんどありません。

また、他の白髪染めのように染料を洗い流す必要がないので、外出前にさっと塗るだけで白髪をカバーできるというメリットがあります。

一時染めにはスティックタイプやマスカラタイプ、スプレータイプなどがあり、携帯にも便利なので、旅行先でも使えます。

ただ、シャンプーすればすぐに落ちてしまうため、応急処置やおしゃれとして使用するのが適しているといわれています。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪用利尻ヘアカラートリートメント"サスティ公式"通販サイトはコチラ。
www.sastty.com

レフィーネ

モデルも愛用の体に優しい白髪染め! 価格と品質で選ぶなら【レフィーネ】
www.8341.jp

ピュアハーバルヘアカラー100

追随を抑えて、ついに200万本突破 ! 絶大な支持をもつ人気商品です
max-grow.com


ページ上部へ戻る