白髪染めTOP > リタッチ

生え際や部分染めはリタッチが最適

白髪染めは一度染めるとしばらくの間は持続しますが、新しく伸びてきた生え際は数週間ほどで目立ってきてしまいます。

しかし、生え際だけを染めるために繰り返し全体染めを行っていると、髪や頭皮に負担を与えてしまいます。

白髪染めは2~3ヶ月の間をあけるのがベストなので、一度全体染めを行った後は部分染めでリタッチするのが良いでしょう。

部分染めは全体染めに比べて短時間で染められるので、髪や頭皮へのダメージを軽減することができます。

生え際・部分染めのリタッチ方法

リタッチは、毛先から染め始める全体染めとは異なり、生え際から染めていきます。

まず、新しく生えてきた生え際部分に染料をていねいに塗り、取扱説明書とおりの時間だけ放置します。

放置した後は、生え際に塗った染料を目の粗いクシやコームなどを使って、周囲の髪に伸ばしていきます。

全体に塗り終えたら放置せず、すぐにシャンプーで染料を洗い流します。このようにすると、生え際以外はあまり染まらないため、全体的に均一な仕上がりになります。

リタッチに適した白髪染め

リタッチは、生え際部分を染める方法なので、液ダレしないタイプの白髪染めがおすすめです。

よくある液状タイプの白髪染めは顔などにたれやすいので、泡タイプクリームタイプを選んだ方がよいでしょう。

また、部分染めは全体染めよりも使用量が少ないので、使いきりタイプではなく、必要な分だけ使用できる天然植物成分配合の白髪染めを活用すると経済的です。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪用利尻ヘアカラートリートメント"サスティ公式"通販サイトはコチラ。
www.sastty.com

レフィーネ

モデルも愛用の体に優しい白髪染め! 価格と品質で選ぶなら【レフィーネ】
www.8341.jp

ピュアハーバルヘアカラー100

追随を抑えて、ついに200万本突破 ! 絶大な支持をもつ人気商品です
max-grow.com


ページ上部へ戻る