白髪染めTOP > パッチテスト

パッチテストについて

パッチテストとは、アレルギー反応を起こす可能性がある成分を直接皮膚に塗布し、アレルギー症状の有無を確認する皮膚アレルギーテストのことです。

市販の白髪染めには、酸化染料の一種である『パラフェニレンジアミン(PPD)』というアレルゲン物質が配合されています。

そのため、アレルギー体質の方が市販の白髪染めを使うと、PPDにより、強いアレルギー症状を起こす危険があります。

主なアレルギー症状はかぶれやかゆみ、湿疹などですが、重篤な症状になると激しい目や喉の痛み、咳、呼吸困難などを起こす場合があるので注意が必要です。

パッチテストは、このようなアレルギー反応の有無を調べ、白髪染めによるトラブルを未然に防ぐことができます。

正しいパッチテストのやり方

パッチテストの基本的な方法はどの白髪染めでも同じで、染める48時間前に行います。

まず、白髪染めの1剤と2剤を取扱説明書の記載通りの分量で小皿に取り、綿棒などでよく混ぜます。

できあがったテスト剤を腕の内側部分にコイン大くらいの大きさで薄く塗りつけます。

テスト剤は自然乾燥で乾きますが、30分以上経っても乾かない場合はティッシュで余分なテスト剤を拭き取ります。

あとは、48時間そのまま放置するだけです。放置の間は最低でも2回ほど皮膚チェックをしましょう。

もし48時間以内に赤みやかぶれなどの異常を見つけたら、すぐにテスト部位を洗い流し、その白髪染めの使用は避けるようにしましょう。

パッチテストは毎回行おう

一度のパッチテストで異常がなかったからといって、その白髪染めはずっと安心というわけではありません。

人間の体質や肌質はちょっとしたことで変わってしまうため、以前は問題なく使用できた白髪染めでも、次に使用した時にはトラブルの原因になる場合があります。

そのため、パッチテストは毎回白髪染めを行う前に必ず行うようにしましょう。

また、白髪染めのパッチテストで異常が見られた場合は、他の白髪染めでもアレルギーを起こす可能性があります。

最近では、アレルギー反応を起こしやすい化学成分ではなく、天然成分を配合した『利尻ヘアカラートリートメント』や『ピュアハーバルヘアカラー100』などの白髪染めが発売されているため、アレルギー肌の方は活用してみるとよいでしょう。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪用利尻ヘアカラートリートメント"サスティ公式"通販サイトはコチラ。
www.sastty.com

レフィーネ

モデルも愛用の体に優しい白髪染め! 価格と品質で選ぶなら【レフィーネ】
www.8341.jp

ピュアハーバルヘアカラー100

追随を抑えて、ついに200万本突破 ! 絶大な支持をもつ人気商品です
max-grow.com


ページ上部へ戻る