白髪染めTOP > ヘアカラーレベル

ヘアカラーレベルのチェックとは

ヘアカラーレベルとは、髪色の明るさの度合いのことで、明るさによって1~18レベルに分かれています。

このレベルは数字が大きいほど色が明るく、小さいほど暗いことを表しており、一般的な日本人の地毛は、およそ3~4レベルくらいといわれています。

通常の白髪染めは色素を脱色して染めますので、地毛のヘアカラーレベルで仕上がりの色が決まります。

思い通りの色に染めたい場合は、事前に自分のヘアカラーレベルをチェックし、ぴったりの白髪染めを選ぶことが大切です。

ヘアカラーレベルのチェック方法

ヘアカラーレベルは、白髪染めのメーカーによってレベルに微妙な差があります。

基本的には、全くヘアカラーを行ったことがない人の地毛は3~4レベル。一般の社会人が許容される明度は6~8レベル。ブリーチで一気に明るくできる限界レベルが12~15レベルとなっています。

自分のヘアカラーレベルをチェックする最も手っ取り早い方法は、日本ヘアカラー協会が出しているレベルスケールというヘアカラーレベルの一覧表を美容院などで見せてもらうことです。

自分の髪がどのレベルに当たるかについては、素人では判断しにくいので、美容師さんに尋ねてアドバイスを受けると良いでしょう。

最適なヘアカラーとは

自分にとっての最適なヘアカラーは、髪質や量、色によって異なります。

従来の白髪染めは黒色や茶色が主流でしたが、最近では通常のヘアカラー並にカラーバリエーションが揃えられています。

そのため、希望通りの色に染めるには、ヘアカラーレベルと髪質をしっかりチェックする必要があります。

人の髪質は大きく分けると、太くて硬い硬毛と、細くて柔らかい軟毛の2種類があります。

このうち、硬毛は染まりにくいため、希望の色よりワントーン明るめの色を選ぶと思い通りの色に仕上げることができます。

一方の軟毛は染まりやすいため、白髪染めのパッケージの見本を基準に選んでも問題ないでしょう。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪用利尻ヘアカラートリートメント"サスティ公式"通販サイトはコチラ。
www.sastty.com

レフィーネ

モデルも愛用の体に優しい白髪染め! 価格と品質で選ぶなら【レフィーネ】
www.8341.jp

ピュアハーバルヘアカラー100

追随を抑えて、ついに200万本突破 ! 絶大な支持をもつ人気商品です
max-grow.com


ページ上部へ戻る